業務停止!フォーデイズが特定商取引法違反

フォーデイズが特定商取引法違反です。

消費者庁から不実告知などで

6カ月の一部業務停止処分となりました。

問題になったのは、フォーデイズの看板商品である

核酸ドリンクのナチュラルDNコラーゲン。

フォーデイズの一部会員が、

これを飲むと、ガンが治るとか、目が良くなるとか、、

効果がないのにも関わらず

新規顧客に勧誘していたようです。

まぁ、もはや珍しい話ではないですよね。

今回のフォーデイズの特定商取引法違反は

氷山の一角にすぎないと思います。

あまりにも消費者センターに相談があったもんだから

見せしめ的に業務停止。そんな感じかと。

フォーデイズは2016年の売上規模が430億円、

会員数は35万人以上にも上っています。

これだけの人とお金が動いてますから、

すべての会員にコンプライアンス遵守をさせるのは、

かなり難しいことではあります。

フォーデイズの和田社長は、ここ数年、

コンプライアンス遵守に力を入れていたようですが、

あえなく6カ月の業務停止処分。

誰だよ!!暴走したのは!!本社来いや!!

と、怒っているかもしれません。

 

繰り返されるコンプライアンス違反の裏側



なぜこんなことが起きるのか!?

私なりに考えてみました。

フォーデイズの会員の多くは高齢者です。

ターゲットも高齢者。

セミナー会場も高齢者がいっぱい。

ある意味シルバークラブです。

雰囲気もアットホームな感じみたいです。

だから!!

気軽にガンが治るとか、病気が治るとか、

ご近所さんと話す感覚で、

なんの罪の意識もなく言ってしまう。

たぶん悪気は、ほとんどないんでしょうね。

核酸ドリンクを飲んで病気が治るかもしれないなら、

毎日のように病院に通って、

薬を飲み続ける生活から抜け出せるかもしれないなら

良かれと思って、

オーバートークをしてしまう。

かもしれないが、いつのまにか、

必ず!に、なってしまった。

周囲の会員も言ってるからいいや的な感じです。

赤信号みんなで渡れば怖くない精神です。

 

ガンが治ったは本当にウソなのか!?



もしかすると核酸ドリンクを飲み続けて、

本当にガンが治ってしまった人がいたかもしれません。

しかし科学的根拠がないため、

ガンが治ると言ったらウソになるんですね。

だからダメなんですよ。

フォーデイズに限らず、

ネットワークビジネスで取り扱っている

サプリメントを飲むと

病気が治るって言ったらアウトです。

私が知る会社で、老舗サプリメントメーカーの

ライフプラスは高品質なサプリを売っています。

もう70年以上の歴史があるんですね。

ネットワークビジネス会社ですよ。

ライフプラスにいたっては、

サプリメントは病気を治しません!!!

と、断言しています。はっきりと。

でもめちゃめちゃ売れています。

病気が治らないと言われているのに、

みんな買うんです(笑)

不思議ですよね?

品質や製法にこだわっているからです。

まぁ、この話はまた後々。

ファーデイズも、これくらい言わないとダメですね。

一人一人の会員が責任をもって、

ナチュラルDNコラーゲンを飲んでも

ガンは治りません!!!

という宣伝文句で勧誘していただきたい。

じゃないと、ネットワークビジネス業界が

どんどん悪い業界に思われてしまう。

和田社長には、

きっちりと再発防止をしてほしいです。

 

今後のフォーデイズの運命はいかに!



今年の7月にも消費者庁から立ち入り調査が入っています。

消費者庁からすると、

フォーデイズは毎度おなじみの問題児。

今後も消費者庁から厳しい目でマークされることでしょう。

今回、大々的にニュースになってしまいましたし

世の中の風当たりは強くなる。

フォーデイズという単語を発するだけで

「あぁ特定商取引法違反のフォーデイズね・・・」

と、言われる確率も高くなるでしょう。

とにかく厳しいリスタートになることは確定です。

どうなるんでしょう、、フォーデイズ、、

売上落ちるのでしょうか、、

会員のコミッションも下がっていくのでしょうか、、

いまの段階では、まだ明るい未来が想像できませんね。

和田社長の手腕をどこまで発揮できるのか。

見守っていきます。

【無料】友人を勧誘しない衝撃の集客テクニック公開中!


RSS

ページ上部へ戻る