ネットワークビジネスの成功率5%でも問題なく成功できます

ネットワークビジネス成功率は一般的に5%未満といわれていて、

かなり成功率が低いのに、なぜいまだに参加者が増えるのでしょうか?

この成功率5%という数字は、年収1000万以上の人の割合です。

ネットワークビジネス業界全体で5%・・・

そう考えると悪くない数字だと考えます。

どんな業界でも年収1000万越え、大成功者は一握りの人間ですよね。

例えばプロ野球選手なんかは、年俸1億円の人がいれば、1000万の人もいます。

ネットワークビジネスの世界でも同じことがいえますね。

ですので成功率5%だからといって、まったく稼げないなんて思わなくてもいいんです。

大切なのは、「あなたがいくら稼ぎたいのか?」「どんな状態が自分にとっての成功なのか?」

この2つをしっかりと決めることです。

じつは成功率なんてあまり関係ないんです。

自分自身、あなた自身の成功基準を作ってしまえばいいのです。

いまこうしてネットワークビジネス人口が増えてきているのは、

本業の収入だけでは不安、貯金ができない、年金があてにならないなど、

多くの人々が現状の収入に満足していないからなんです。

ネットワークビジネスへの参加動機は

「お金持ちになりたいから」ではなく

「いまの収入を少し増やしたいから」に変わっている傾向があります。

いまの収入に+10万、30万あったらけっこう嬉しいですよね。

車も買えるし、家も買える、旅行にだって行けてしまいます。

子供がいるのであれば、将来かかる大学費用のために貯金なんてのもいいですし、

ネットワークビジネスの収入を元手に不動産や株式投資で、

さらに不労所得を増やすという手もあります。

ネットワークビジネスの参加者はこれから益々増えていきます。

いまの収入に満足していないのなら、

ネットワークビジネスに挑戦してはいかがでしょうか?


関連記事

RSS

ページ上部へ戻る